箱根の各地域の宿(旅館・ホテル)について

地域別の宿記事一覧

箱根湯本の宿

箱根湯本温泉  箱根湯本温泉は大きく分けて、湯本駅周辺、滝通り、旧街道沿い(湯本茶屋)、奥湯本の地域に分類できます。この4地区に分けてご紹介します。 湯本駅と各施設の間はシャトルバスが運行しています。

≫続きを読む

 

塔ノ沢の宿

塔ノ沢  塔ノ沢は箱根湯本の街並みから400mほどですが、渓谷沿いの谷間にある温泉場です。 箱根七湯といわれる江戸時代の温泉場の中では比較的新しく、江戸時代初期に発見されたといわれています。福住楼 明治23年(1890年)創業。建物は京普請の数寄屋の多棟式木造三階建で登録有形文化財。 日本イコモス国内委員会...

≫続きを読む

 

宮ノ下・木賀・底倉の宿

宮ノ下温泉  箱根の中心部にあり、すでに江戸時代には、宮ノ下、木賀、底倉、堂ヶ島は共に「箱根七湯」として知られていました。 早川と、この宮ノ下でその早川に合流する蛇骨川の深い断崖などから、豊富な温泉が流れ出てしました。「四季の湯座敷」武蔵野別館 蛇骨川渓谷の高台にある宿。館内は畳敷き。宮ノ下駅までの送迎あり。施...

≫続きを読む

 

強羅の宿

強羅温泉  強羅温泉は大正時代以降に避暑地・別荘地として開発された場所で、大部分の宿が箱根登山鉄道強羅駅から早雲山までの傾斜地に建っています。 強羅と早雲山の標高差は210mになります。(強羅駅541m、早雲山駅750m) 強羅駅から早雲山に向かってご紹介します。 なお、強羅は坂が多いので、多くの宿で強羅駅な...

≫続きを読む

 

小涌谷の宿

小涌谷温泉  小涌谷は明治以降に開発された温泉地でかっては大涌谷のような噴気地帯でした。源泉の宿 千條旅館 千條の滝に近い、全6室の小規模旅館。施設規模 =小料金帯 = 高空室・予約検索  水の音(みずのと) 小涌谷の林の中のホテル。施設規模 = 大料金帯 = 中空室・予約検索  翠松園 全23室かけながしの自...

≫続きを読む

 

芦之湯・元箱根・箱根町の宿

芦ノ湖  箱根七湯のひとつとして古くから利用されてきた芦之湯から東海道の箱根宿であった箱根町など芦ノ湖周辺の宿をご紹介します。

≫続きを読む

 

仙石原・温泉荘・姥子の宿

仙石原のすすき  古くから集落のあった仙石原、別荘地として開発された仙石高原と温泉荘、金太郎伝説の姥子の宿をご紹介します。

≫続きを読む

 

湖尻・桃源台の宿

桃源台  箱根ロープウェイと小田急高速バスの終点で観光船の発着場所である桃源台ターミナルと、湖尻港周辺の宿をご紹介します。 この地域はかって芦ノ湖の対岸の元箱根集落の「飛び地」であったことから、現在でも住所が「元箱根XX番地」となっているところが多くあります。箱根高原ホテル 2017年4月リニューアル。体育...

≫続きを読む