仙石原から湖尻の間のご案内

仙石原から湖尻へ

仙石原と芦ノ湖

 箱根裏街道と国道138号線は仙石原から御殿場方面に続きます。
 仙石原から芦ノ湖方面には県道75号線が通じています。

 

長安寺

長安寺 「仙石」バス停の近くにあります。
 1356年に創建され、姥子にありましたが万治元年(1658年)仙石原に移されました。、
 昭和60年より建立され続けている百羅漢と美しい紅葉で知られています。

仙石原諏訪神社

仙石原諏訪神社 長安寺から金時山方面に100m。
 その創立は定かではありません。
 3月27日の例大祭には、江戸時代中期に伝承された、国撰択無形文化財「湯立神楽」の奉納が行われています。
 祭神の建御名方命は、諏訪大社の主祭神として特に戦国地代に武の神としてもたいへん崇められ、今では全国に一万有余の分社があります。

公時(きんとき)神社

公時神社 金時山の登り口にある神社です。
 金太郎のモデルになった平安時代の武士、坂田公時(さかたのきんとき)が 祭神として祀られています。

箱根裏関所跡

箱根裏関所跡 「仙石」バス停の近くにあります。
 江戸時代には裏関所が置かれて箱根町の関所と共に交通を監視していました。
 天保11年、裏関所を通過しようとした祭文読み (世の中で起きたことをおもしろおかしく節をつけて三味線語りをする芸人) の一行が、通貨の許可がおりなかったため (役人の通貨許可を聞き誤ったとの説もあり) 関所破りをしてしまい、磔の刑に処せられました。
 彼らを悼んだ里人は亡骸を貰い受けて宮城野の宝珠院へ埋葬し、この塚を「祭文塚」と呼んでその霊を慰めました。

乙女峠

乙女峠 箱根裏街道が御殿場方面に箱根を通過する時の山越えの道でした。
 父の病気を治すため、百カ日願掛けをした村娘「とめ」が満願の日に峠で息絶えた、という伝説がありますが、箱根裏関所を通るため留め置かれる事が多かったことから「御留峠」と呼ばれ、それが「乙女峠」となったようです。

長尾峠

長尾峠 明治45年に御殿場の演習地に向かうための軍用道路として、細い峠道を拡幅して開発されました。
 乙女峠の下を通るトンネルが出来て乙女峠経由が御殿場と箱根を結ぶ道となる前はこの長尾峠越えがそのルートでした。

耕牧舎

仙石原 明治13年に渋沢栄一らによって仙石原に73haもの広大な牧場が作られました。
 牛を飼って、箱根を訪れる外国人のために牛乳、牛肉を生産し、乗用馬も育てましたが、火山灰の土壌、寒冷な気候などの問題があり、明治38年に閉鎖されました。

 

 


関連ページ

箱根湯本から畑宿へ
箱根湯本−畑宿間のご紹介
畑宿から箱根町へ
畑宿−箱根町間のご紹介
箱根峠から箱根神社へ
箱根峠−箱根神社間のご紹介
箱根町から芦之湯へ
箱根町−芦之湯間のご紹介
箱根湯本から塔ノ沢へ
湯本湯場−塔ノ沢間のご紹介
塔ノ沢から宮ノ下へ
塔ノ沢−宮ノ下間のご紹介
宮ノ下から仙石原へ
宮ノ下−仙石原間のご紹介
宮ノ下から小涌谷へ
宮ノ下から小涌谷の間のご案内
小涌谷から湖尻へ
小涌谷-芦ノ湖間のご紹介
小涌谷から芦之湯へ
小涌谷-芦之湯間のご紹介
湖尻から箱根町へ
湖尻-箱根町間のご紹介
箱根アラカルト
箱根に関するいろいろ