箱根に関するいろいろなご紹介

箱根アラカルト・箱根火山

箱根大涌谷

 現在、箱根山のある地域は2500万年ほど昔は海底でした。海底火山の噴火やプレートの移動により陸地が形成されました。
 箱根山の形成については、以前の説では、火山活動は約40万年前に始まり、10-20万年かかって標高2700m程度の富士山型の山が出来て、その後爆発が収まり、マグマが収縮した為、20万年前頃、この箱根山の中央部が直径約8kmにわたって陥没し、複雑な地形の火山となったとされていました。
 最近の学説では約40万年前から中型、小型の火山群が形成され、それが大規模な爆発で破壊され、また火山ができるといったことを繰り返してきたとされています。
 4万5千年年前の大爆発では、火砕流の噴石は南関東一円に堆積しています。
 さらに3千年前の神山の山崩れにより早川がせきとめられて現在の箱根・芦ノ湖が形成されたと考えられています。


箱根アラカルト・芦ノ湖

箱根・芦ノ湖

 2万年前の箱根火山の活動により、早川がせき止められ、箱根火山の内側に大きな湖が誕生しました。
 この湖は古芦ノ湖と呼ばれ、現在の箱根・芦ノ湖の4倍、水位も50m程度高かったと思われています。
 箱根火山の内側にたまった水は、この湖から箱根の二つの川、須雲川と早川に流れ出ていたようです。現在の須雲川の深い渓谷の形から考えて、こちら側に大量の水が流れていたと考えられます。
 その後、早川側の侵食が激しくなり、水は早川側に流れるようになり、水位が下がってやがて須雲川には流れなくなりました。
 さらに、箱根で現在も活発な活動をしている、箱根・大涌谷の爆発で、土砂が古芦ノ湖に流れ込み、この土砂で出来上がった仙石原高原により湖は分断され、仙石原が出来ました。
 早川の侵食がさらに進み、仙石原側の水が流出して現在の箱根・仙石原湿原が出来ました。
江戸時代には箱根湖、または万字ガ池と呼ばれていました。芦ノ湖という名はもともと芦の湯にあった小さな沼地でしたが、その後埋めたてられてなくなりました。この芦ノ湖の名がいつか箱根湖の名として、誤り伝えられたという事です。
 湖面標高725m 最深度43.5m 周囲19.9km 面積7.09平方km


箱根アラカルト・仙石原

箱根・仙石原高原

 箱根仙石原は「足柄山の金太郎」で有名な箱根外輪山の金時山の南麓に広がる標高700M付近に広がる高原です。
 大昔は箱根・芦ノ湖とつながる火口原湖でしたが、箱根中央火口丘の神山の崩落により土砂が湖を埋め、現在は草原地帯となりました。
 現在、箱根芦ノ湖から流れ出した水はこの箱根仙石原の地下を通り、箱根仙石原のはずれより地表に出て、箱根の早川となり、下流に箱根早川渓谷を作っています。
 その地上は箱根仙石原湿原となり、箱根仙石原湿原植物群落は国の天然記念物に指定され、近くには「箱根湿性花園」がありシーズンには賑わっています。
 また、秋には一面すすき草原となり、箱根の代表的景観を作っているなど、箱根の中でも、箱根仙石原は四季折々の自然を楽しめる温泉場です。


箱根アラカルト・箱根の雨と交通

箱根・雨の芦ノ湖

 箱根は地形上、大変雨の多いところです。
 現在、箱根では、時間雨量50mmまたは24時間雨量250mmで、通行止めの規制がかかります。規制がかかりますと、通常最低数時間は通行出来なくなります。東京方面から箱根に入る場合、小田原・厚木道路と西湘バイパス出口あたりでかなり激しい交通渋滞となります。
 台風の接近などで雨の多い場合には、雨量の確認をされてからお出かけになると良いと思います。箱根では、時間雨量20-40mmの雨は珍しい事ではありません。
 なお、上記の規制は箱根登山電車には適用されません。


箱根アラカルト・大涌谷の温泉

大涌谷

 箱根大涌谷は箱根芦ノ湖と並ぶ箱根を代表するビュースポットです。
 箱根の山々を従えた雄大な富士山を展望でき、40万年前の火山活動の名残りを今に伝える噴煙地などがあります。
 大正時代に入り箱根に次第に開発の手が入れられるようになり、温泉の需要が増加しました。箱根・大涌谷の噴気を利用して温泉を造成しようと引湯管を引きましたが、当初は噴気孔の移動、枯渇のため常に不安定な状態にありました。 やがて、箱根大涌谷温泉源を改良拡充して温泉に恵まれない奥箱根の広大な地域に温泉を供給し土地の開発をはかるため、昭和5年に箱根温泉供給株式会社が設立されました。
 昭和8年にこの会社による給湯が開始され、仙石原などへの給湯を行っています。


ハコネダケ

ハコネダケ

 伊豆、富士山周辺、箱るに自生するタケ。高さ2-3m、直径2-10cm。「シノダケ」とも呼ばれます。
 かつては土壁の下地材などとして需要が多く、刈り取られて販売され、箱根の重要な産物でした。
 旧街道が石畳になる前は、雨でぬかるむ道に敷かれることもありました。
 また、明治以降は、植木や野菜などの植物の支柱として輸出なども行われました。


関連ページ

箱根湯本から畑宿へ
箱根湯本−畑宿間のご紹介
畑宿から箱根町へ
畑宿−箱根町間のご紹介
箱根峠から箱根神社へ
箱根峠−箱根神社間のご紹介
箱根町から芦之湯へ
箱根町−芦之湯間のご紹介
箱根湯本から塔ノ沢へ
湯本湯場−塔ノ沢間のご紹介
塔ノ沢から宮ノ下へ
塔ノ沢−宮ノ下間のご紹介
宮ノ下から仙石原へ
宮ノ下−仙石原間のご紹介
仙石原から湖尻へ
仙石原-湖尻間のご紹介
宮ノ下から小涌谷へ
宮ノ下から小涌谷の間のご案内
小涌谷から湖尻へ
小涌谷-芦ノ湖間のご紹介
小涌谷から芦之湯へ
小涌谷-芦之湯間のご紹介
湖尻から箱根町へ
湖尻-箱根町間のご紹介