箱根の植物のご紹介 春から初夏の花

春から初夏の花

マメザクラ
マメザクラ
 白又は淡紅色の花を下向きに咲かせます。フジザクラとも呼ばれています。分布が富士山周辺や箱根などに限られているためです。(ばら科サクラ属)

 

ミヤマザクラ
ミヤマザクラ
 小さな白い花が総状に10個位纏まって咲く変わった桜です。海抜の高いところに稀にみられます。(ばら科サクラ属)

 

ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
 桜と言ってもマメザクラやミヤマザクラのようなザクラ属のものはではありません。円柱形の外観の5枚の白い花弁を持つ集合花を枝先につけます。葉や幹を見なければ桜をイメージするのは難しいです。 (ばら科ウワミズザクラ属)

 

ヒメイワカガ
ヒメイワカガミ
 名前はその葉が鏡のような光沢があることによります。箱根のものは花の紅色が際立っているためにベニバナヒメイワカガミとよばれます。(いわうめ科イワカガミ属)

 

ヒメシャガ
ヒメシャガ
 姫シャガはシャガににて大きさが小さいことによります。花は淡紫色で3cm程です。(あやめ科アヤメ属)

 

ヤマツツジ
ヤマツツジ
 普通に見られる日本特産種の野生のツツジです。朱赤色の花をつけます。 (つつじ科ツツジ属)

 

ハコネバラ
ハコネバラ
 箱根の町の木です。野生のばらでは世界一大きな花をさかせます。正式な和名はサンショウバラでその葉が山椒の葉に似ているからです。

 

コイワザクラ
コイワザクラ
 風当たりの強い岩場に咲く可憐な花です。 (さくらそう科サクラソウ属)

 

シロヤシオ
シロヤシオ
 高さ5mにもなる大型の野生ツツジ、下向きに白い花を咲かせます。(つつじ科ツツジ属)

 

ヤブデマリ
ヤブデマリ 
 2〜4mになる潅木で、5,6月頃真ん中の両性花を白い飾り花が囲む美しい花です。横に広がる枝の上にガクアジサイのような花を一列に乗せて咲かせます。周囲を明るくする美しさです。(すいかずら科ガマズミ属) 

 

マルバウツギ
マルバウツギ
 1m位の低潅木。葉は卵型で先は少し丸いのが特徴です。枝先に小さな白い花をたくさん付けます。この仲間は、ウツギやヒメウツギがこの時期に咲きます。(ゆきのした科ウツギ属)

 

ホウチャクソウ
ホウチャクソウ
 林下や山道などに普通に見られる野草。下向きに緑がかった白い花を一つか二つ付けます.(ゆり科チゴユリ属)

 

チゴユリ
チゴユリ
 箱根では稀にしか見られない高さ15センチ程の野草。先端に小さな花を付ける。その可憐な様子から稚児百合とつけられました。 (ゆり科チゴユリ属)

 

ホオノキ
ホオノキ
 大型の葉をつけるこの植物はマグノリアの仲間。タイサンボクの花に似た黄色味を帯びた白色の大きな花を咲かせます。 (もくれん科モクレン属) 

 

シャガ
シャガ
 やや湿った林の縁などに群生するポピュラーな野草。花の大きさは5,6センチ、一日花が下から順に咲いていく。葉は光沢があり年中枯れる事はありません。(あやめ科アヤメ属)

 

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク
 山地の木の下に生える芍薬。5月の初め頃5枚から7枚の白い花を咲かせます。箱根では稀にしか見られない貴重種となってしまいました。(ぼたん科ボタン属)

 

関連ページ

夏の花
秋の木の実
箱根の植物のご紹介 秋の木の実
すすき草原の花
箱根の植物のご紹介 すすき草原の花
野菊のいろいろ
箱根の植物のご紹介 すすき草原の花