箱根の植物のご紹介

箱根植物図鑑記事一覧

春から初夏の花

マメザクラ  白又は淡紅色の花を下向きに咲かせます。フジザクラとも呼ばれています。分布が富士山周辺や箱根などに限られているためです。(ばら科サクラ属)ミヤマザクラ 小さな白い花が総状に10個位纏まって咲く変わった桜です。海抜の高いところに稀にみられます。(ばら科サクラ属)ウワミズザクラ 桜と言っても...

≫続きを読む

 

夏の花

ハコネコメツヅジ  双子山などの非常に風当たりの強い岩角地などごく限られた環境下に生育する種です。7月に米粒のような白い花を咲かせます。 (ツツジ科)ハコネシモツケ  箱根シモツケは葉をはじめ全体が小型です。駒ヶ岳の風衝地に生育しています。 ばら科)イワガラミ" />イワガラミ  山中の木に絡み付い...

≫続きを読む

 

秋の木の実

イヌザンショウ  サンショウに似ているが葉の香りががほとんどないのでこの名があります。5mmほどの偏平な球形の実。 (ミカン科イヌザンショウ属)カマツカ  硬くて折れにくいので、鎌の柄に使われたことから名付けられたということです。実はナシ状で7〜9mmの楕円形。 (バラ科カマツカ属)コムラサキ  初...

≫続きを読む

 

すすき草原の花

 仙石原のすすき草原は標高が780mほどと高く寒冷で、また雨や霧が多く湿原も隣接しているので多湿という特殊な環境です。マルバハギ  日本全土の日当たりのよい山野に生える半低木。(マメ科ハギ属)ヒメトラノオ  日当たりの良い草地や林縁に生える多年草。日本固有種。 (ゴマノハグサ科)サワヒヨドリ  日本...

≫続きを読む

 

野菊のいろいろ

 キク科には約900属15,000から20,000種があるといわれており、個体差もあるのでなかなか区別が難しいようです。ノコンギク 本州から九州にかけて、道端や山道などで普通に見られる「ノギク」です。日本固有種で秋を代表する草花の一つとなっています。 (キク科シオン属)ユウガギク  葉にかすかに柚の...

≫続きを読む